【注目】彼氏いない歴19年のOLが「運命の恋」を引き寄せた陰陽師の秘儀とは?


知られざる火星の都市伝説

「知られざる火星の秘密」 by 須藤元気

私たちのイメージする火星は真っ赤なイメージですが、あれはNASAがフイルムを変えてために赤く見えるという都市伝説。火星には本当は青空もある土地であると言われているそうです。須藤元気さんが言う火星は第3アトランティス文明だとすると、私たちは火星の末裔(まつえい)となります。そして、ジブリ作品で有名なアニメーション映画「風の谷のナウシカ」も実は火星の記憶から造られたものと言います。火星は地球の重力の1/3しかありません。つまり劇中で登場する「風使い」も火星の重力であれば可能なのです。劇中では腐海(ふかい)に覆われて人類がどんどん暮らす場所が無くなっていますが、同じように火星にも、実際に水があった形跡があるのですが、どんどん砂漠化していって人間が住めなくなってしまったというのです。実際、火星にも人工物の跡がたくさんあります。有名なのは「火星の人面岩」がありますが、それをアップにしていくと、人間の顔とライオンの顔に分かれます。人間とライオンの融合物がすでに火星にはあるのです。人間とライオンの融合物は地球上にもありますね!そうです!スフィンクスなのです。つまり、地球に残されている古代文明は火星に住んでいた人たちが地球にやってきたときにに残していったものと言われているそうです。
posted by 都市伝説 at 05:25 | 芸人都市伝説