【注目】彼氏いない歴19年のOLが「運命の恋」を引き寄せた陰陽師の秘儀とは?


ハローバイバイ関の都市伝説

都市伝説と言えばハローバイバイ関が有名ですね!都市伝説ブームのきっかけはテレビ東京の土曜深夜枠で放送されているバラエティ番組「やりすぎコージー」です。芸人が密かに知っているという都市伝説を披露する「芸人都市伝説」の企画が人気となり、再び都市伝説にスポットがあてられるようになりました。もちろん、お笑い芸人さんの都市伝説なので、あきらかにネタと解かる話から、実体験を元にした下ネタまで多種多様です。しかし、その中でも毎回、出演者たちを唸らせる都市伝説を披露しているのが、吉本興業東京本社所属のお笑いコンビであるハローバイバイ(略称:ハロバイ)の関なのです!第一回、第三回の芸人都市伝説ではキングにも輝き、その知識が認められてか「関暁夫のオカルト・トークライブ」というライブも不定期でやっており、2006年には書籍『ハローバイバイ関暁夫の都市伝説』まで出版するに至ったのです。しかも50万部以上の大ヒットとなりました。本の内容は、かなり眉唾的なモノから、 ちょっと感心してしまうような内容まで盛り沢山です。都市伝説が大好きだ!というようなディープな人々には、ちょっと物足りないかもしれませんが、都市伝説の入門編としては、とても面白い内容になっています。このサイトではハローバイバイ関が「やりすぎコージー」や、その他のTV出演の際に披露した都市伝説を中心にまとめています。

信じるか信じないかはアナタ次第です!
posted by 都市伝説 at 12:18 | ハローバイバイ 都市伝説

武富士の都市伝説

大手消費者金融の武富士といえば、何人ものダンサーが踊るCMを思い出す方も多いと思いますが、あの武富士ダンサーズは、武富士でお金を借りて返済できない人達、という都市伝説があります。その都市伝説というのは、CMの中で踊っているダンサーの顔が解からない。正面からのショットでも、ダンサーの顔が髪で隠れていたり、横顔だったり、はっきり誰かは解からないようになっている。それは借金を返済できない一般の人達が集められ、見せしめとして踊らされているから顔を映せないというものでした。しかし、なぜ、この都市伝説が生まれたかと言うと、実は吉本興業のハリガネロックという芸人さん達の漫才のネタが都市伝説として定着してしまったようなのです。事実、ハリガネロックさんのネタの中に思いあたるくだりがあり、かつて一度だけCMのないNHKでやることができたというのです。NHKは全国放送なのでアッとい間に全国に広まってしまったそうです。漫才のネタが都市伝説の真相だったというのは驚きですね。
posted by 都市伝説 at 12:15 | ハローバイバイ 都市伝説

ティラミスの秘密

一時大流行したティラミスですが、その流行のきっかけは発注ミスだったという都市伝説があります。当時、ある有名商社でティラミスを1ケタ間違えて大量に発注してしまったそうです。その当時は、ティラミスなんて誰も知らない。倉庫は在庫の山です。どうしよう、と考えた末にやったことは、会社の女の子に「これ今いちばん流行っているんだって」と言って配ることでした。つまり、OLの情報網を使った「口コミ」戦略で、商品を売ろうとしたのです。その後はご存知の通り大ヒット!発注ミスがなければ、日本人はまだティラミスを知らなかったかもしれないと言います。
ティラミスは北イタリア生まれのチーズケーキのひとつで、日本では1990年頃ブームになり、その後も一定の人気を保っています。しかし、イタメシブームからドルチェとしてティラミスが注目され始めたという説もあり、発注ミスから、という都市伝説はチョット眉唾もののような気もします。
posted by 都市伝説 at 12:11 | ハローバイバイ 都市伝説

絶対に恋が叶う方法

少し前によく語られていた「絶対に恋が叶う」といわれている都市伝説です。今、好きな人がいて、片思いの人はぜひ試してみて下さい。その都市伝説とは、四谷にひとつだけある金色の公衆電話から、好きな相手に電話をするというものです。ただし、その時はテレホンカードや普通の10円玉を使ってはいけないのです。必ずギザ10と呼ばれている昭和26〜33年に製造された10円玉で、側面にギザギザのあるものを使わなくてはいけません。そして、愛を告白すると必ず願いが叶うと言われているのです。
この都市伝説のきっかけは皇太子さまと雅子さまのご成婚パレードでした。パレードのコースに四谷が入っていたため、縁起物だからとひとつだけ金色に塗られたそうです。また、ギザ10には、実際に少しだけ金が使われていると言います。公衆電話とギザ10のもつ「金」というキーワードに、「ご成婚」という縁起加わって、この都市伝説が生まれたとされているそうです。
posted by 都市伝説 at 12:09 | ハローバイバイ 都市伝説

口裂け女の都市伝説について

最も有名な都市伝説が1970年代後半から1980年代にかけて日本全土を恐怖のどん底に叩き込んだ「口裂け女」です。最近では水野美紀さんが「口裂け女」に扮したホラー映画が公開され、再び話題を呼んでいます。口裂け女はマスクをした若い女性の姿で現れ、学校帰りの子供などに「わたし、きれい?」と訊ねてくる。「きれい」と答えると「…これでも?」と言いながらマスクを外す。すると、その口は耳元まで大きく裂けているというもの。この時「きれいじゃない」と答えるとその場で鎌(または大きなハサミ)で斬り殺され、「きれい」と答えると家までついてきて玄関口で斬り殺される。殺されない為には「ふつう」と答えるしかないというもの。正体は美容整形に失敗した女性で、100mを3秒で走り、何故か「ポマード」と言うと逃げ出す。しかし、べっこう飴をあげると助かるなど言われていました。
この都市伝説の出所としては、愛知県で家庭の事情で子供を塾に行かせたくない母親が娘にした話が様々な変化を伴いながら全国に広まったとする説が一番有力と言われています。今、考えると変なことばかりなのですが、「口裂け女」の都市伝説は全国の小・中学生に非常な恐怖を与え、地域によってはパトカーが出動したり、連絡簿に注意事項として記入されたり、集団下校が行われたりしたのです。こうなると、たかが都市伝説と笑ってばかりもいられないのです。
posted by 都市伝説 at 12:08 | ハローバイバイ 都市伝説

延ばせない地下鉄

都内の地下を通る地下鉄「丸の内」ですが、皇居を囲んで円形に延びています。丸の内線の終点は「荻窪」です。そして、最近開通した大江戸線の終点は「光が丘」です。つまり、なぜそれ以上の西側(吉祥寺や三鷹など)に地下鉄が延ばせないのか?それにはある秘密が隠されているという都市伝説があります。その秘密とは環状8号線より西側には今でも数多くの不発弾が埋まっているからだと言われているのです。ちょっと掘ったら不発弾がゴロゴロ出てくる状況といいます。吉祥寺の上に柳沢という地区がありますが、ここはかつて日本陸軍の飛行場があり、第2次世界大戦中に、執ような空爆を受けた場所です。さらに、その上には日本の軍事基地があり、同じように執ような空爆を受けた場所です。そこに今、何があるかと言うと「●●団地」なのです。しかも、この巨大団地は市の境界線が斜めに分かれています。普通の市の管轄は道路等で分かれているのが普通なのですが、なぜこの巨大団地だけが、団地内に境界線があるのでしょうか?これは不発弾をめぐって、2つ市が押し合いをした結果と言われているそうです。この団地で暮らしている人たちは未だに地下に不発弾が眠っていることを知らないと言います。
posted by 都市伝説 at 12:06 | ハローバイバイ 都市伝説

新千円札に隠された都市伝説

1ドル札の裏に書かれているマークが世界的な秘密結社フリーメイソンのマークという都市伝説は有名ですが、実はそれが日本の紙幣にも隠されているといいます。もともと紙幣はユダヤ人が広めたものと言われていますが、それを裏づけるのが旧五千円札です。まず五千円札の描かれている「新渡戸稲造」さんですが、旧五千円札が発行された時は、多くの国民からは「これは誰だ?」という声が大きかったと言われています。もともと新渡戸稲造さんは国際連盟事務次長など海外で活動していることが多く、日本国の紙幣に描かれるほど、日本にはあまり馴染みのない方でした。また、旧五千円札に描かれている地球儀ですが、日本の紙幣なのに何故か日本が中心に描かれていないのです。そして、裏側に描かれている、富士山と富士山を写す湖ですが、湖に写っている富士山は全く別の山です。五千円札を逆さまにして見るとよく解ります。実は、この山は「シナイ山」と言って、聖書に出てくるモーゼが十戒を受けた山なのです。海を真っ二つに割ったと言われるモーゼの十戒に登場するシナイ山が日本の紙幣に描かれているのです。
そして、新千円札ですが、そこに描かれている野口秀雄さんは、海外で病原菌の研究をしていた方で、さらにはフリーメイソンと密接な関係があるというロックフェラー財団の研究所で働いていたと言われています。しかも、都市伝説で有名になった旧五千円札の富士山が再び描かれています。もちろん湖に写っているシナイ山も描かれています。それだけではありません!野口英世さんの顔を半分に折ってみると左側に描かれている顔は全く別人の顔になっているのです。左半分の顔はユダヤ系の外国人に見えてきます。そして、千円札を透かして見てください。富士山の頂上に、その疑惑の左目が浮かび上がり、フリーメイソンのマークになり、左目も1ドル札に描かれている目と酷似しているのです。
posted by 都市伝説 at 05:18 | フリーメイソンに関する都市伝説

続・新千円札に隠された都市伝説

新千円札に隠された秘密には続きがあります。旧5千円札の謎が、現行の新千円札に受け継がれているという都市伝説は、別の記事で紹介している通りですが、実は2つの紙幣に、それぞれ描かれている新渡戸稲造さんと野口英世さんには奇妙な共通点があるという、新たな都市伝説です。まず、新渡戸稲造さんはフリーメイソンのメンバーであったという噂があります。そして、野口英世さんはフリーメイソンと関係が深いとされているロックフェラー財団の研究所で働いていた経歴があります。そして、クエーカー教徒と呼ばれるキリスト友会と繋がりのあった数少ない日本人でもありました。しかし、2人の共通点はそれだけではないのです。2人とも海外に留学して海外で知りあった女性と結婚しています。しかも2人の結婚相手の名前は同じメアリーというユダヤ系アメリカ人だったと言うのです。そして、2人とも海外で客死(海外で死ぬこと。異国で死ぬこと。)しています。富士山の絵と湖に映っている別の山、ピラミッドの中に描かれている目、2人の共通点は本当に単なる偶然なのでしょうか?
posted by 都市伝説 at 05:17 | フリーメイソンに関する都市伝説

1$札に隠された都市伝説

ハローバイバイ関の紙幣シリーズは人気の都市伝説ですが、なかでも1$札には世界最古の秘密結社フリーメイソンの陰謀がたくさん隠されていると言いいます。まず、表紙のジョージ・ワシントン(初代米大統領)はフリーメイソンのメンバーと言われています。そして、裏にはなぜかピラミッドの絵が描かれ、その周りにはラテン語で「ANNUIT COEPTIS/NOVUS ORDO SECLORUM」と書かれています。これはラテン語で「新しい世紀の秩序」と言う意味と「我々の計画に同意せよ」と言う意味が込められているそうです。また、ピラミッドの目は「万物を見渡す目」とされ、フリーメイソンのシンボルマークの一つとされている。そして、1$札にはキリスト教では不吉とされる「13」という数字がいたるところに描かれているのです。アメリカ合衆国の国鳥である白頭鷲が右足で掴んでいるオリーブの葉と実の数が13。左足で掴んでいる弓矢の数も13本。また白頭鷲の頭上の星の数も13個。ピラミッドも13段あります。独立戦争時の州の数が13であったため、13は不吉な数ではないと言う説もあるのですが、白頭鷲の頭上の星を線で結ぶとダビデの星になり、アメリカの政財界にユダヤ人が大きな影響力を持っていると噂されています。そして、ピラミッドにダビデの星を当てはめ、角の頂点が示すラテン語の字を書き出すと「MASON」という文字が浮かび上がるのです。
posted by 都市伝説 at 05:16 | フリーメイソンに関する都市伝説

続・20$札に隠された都市伝説

別の記事で「20$札に隠された秘密」という都市伝説を紹介しました。これは2001年に起こった9.11テロ事件を、アメリカの20ドル紙幣が予言していた、というものでした。しかし、この都市伝説にはまだ続きがあります。まず、「なぜ20ドル紙幣なのか」「たまたま20ドル紙幣でできたから都市伝説になったのだろう」そんな風に思っている人もいるかもしれません。しかし、ちゃんとした理由があるのです。9.11…つまり9と11を足すと20になるのです。さらに、20ドル紙幣に現れる「THE USAMA」という文字を、もう一度見てください。見事なまでに「IN GOD WE TRUST」という文の「G」の文字だけがきれいに真ん中に残るのです。実は世界的な秘密結社フリーメイソンのコンパスと定規のマークのなかにも「神」を現す「G」の文字描かれているのです。そして、20ドル紙幣に描かれている肖像画の第7代大統領アンドリュー・ジャクソンもフリーメイソンのメンバーだという噂があるのです。何か関係があるのでしょうか?
posted by 都市伝説 at 05:15 | フリーメイソンに関する都市伝説